みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

退去時に火災保険料の返還手続き忘れてませんか?

f:id:anatano-kameya-2014:20190925235954p:plain


賃貸でお部屋を探していると新しいお部屋に気が向いて忘れがちなんですが、あなたが掛けている火災保険料は戻ってくる可能性があります。
 

へ?
退去時に返ってくるのって敷金だけじゃないの??

 
違います。
但し、全部が全部ではありません。
 
ですが、退去時の費用と新しい部屋の初期費用に引っ越し代ととにかくお金が掛かるから少しでも戻ってくるなら嬉しいですよね。
 
結論的にはこうです

火災保険の満期までの期間は日割計算で戻ってきます

 
そして細かい話ですがあなたが加入しているのは火災保険ではなく家財保険です。
 
その違いもご説明します。
 

この記事を読むと
・保険料が一部戻ってくるかもしれない
家財保険の事がよくわかる

日割りで戻ります

特に難しい話ではないのですが、保険というのは先払いしたものであれば解約した日から満期の日まで、つまり未来の分は解約時にキチンと日割り計算で戻ってくるんですね。
 
でも、皆さんこの事を知らないと言うだけで手続きをする事なく満期まで持ってしまうんですね。

契約期間

お部屋を借りる時の契約を賃貸借契約といいますが基本的には2年間とされています。
 
そこで管理会社や大家さんの立場からするとその期間に何かあった場合に備えて家財保険の加入を義務付けているんですね。
 
ほとんどの場合が賃貸借契約と同じ期間で2年間となっています。
 
更には管理会社の指定の保険とする場合が多いです。
 
稀に「加入している保険証券の写し」を提出することでOKの場合があります。
また会社で「包括保険」という社員全員に保険をかけてくれている会社もあるのでそれはご確認してみてください(法人契約の時はほとんどそれです)
 

退去時に連絡は教えてくれない

賃貸借契約を解約する時は退去する時は1ヶ月前予告と言って、解約の1ヶ月前の告知で半月精算が多いです。
 

・前月15日までに言えば、半月分で翌月15日までに住める
・16日から月末までに言えば、1ヶ月分払って翌月月末まで住める

 
そして、管理会社に連絡すると退去立ち会いの日程調整になり立ち会い時に退去時費用の精算手続きになります。
 
しかし、その時に保険の解約の話はされません。
管理会社はあくまでも賃貸借契約の話のみで、契約時に保険会社を斡旋しているだけなので、保険の話は関係ないのです。(教えてくれてもいいよね?)
 

契約期間通りに退去する人は少ない

お部屋を退去する時に契約満期まで待つ人は少ないです。
もっと広い部屋にしたい等のグレードアップ系ならありえますが、おおよそが「結婚したから」とか「職場が変わったから」等、この時期に引っ越したいと言う期日に迫られているので2年に一度のタイミングに合わせる事は結構難しいのです。
 

2年契約で1年で退去した場合は半額が返ってきます

また、火災保険は2年更新なので例えば3年目で退去した場合は2年目に2年目から4年目までの2年契約になっているので3年目だとこれまた半額が返ってきます。
 
ちなみに敷金は2年目以降は必ず返ってきます。
その仕組みはコチラ
 
 

火災保険って何のために入ってるの?

単身物件だと2年で15000円位で2LDK以上で25000円位が相場だと思います。
  
そもそも火災保険はなんのために入ってるのかと疑問に思いませんか?
 
先程も書きましたがあなたが入っているのは正確には家財保険です。
 
おそらく皆様は「借りている部屋を燃やしてしまったら困るから入っている」と思っているでしょう。
 
全く違います
 
建物が燃えた場合は家主が火災保険を掛けています。
 
皆様が加入している保険が守ってくれる物は3つです。
 

1.家財
2.個人賠償
3.借家人賠償

の3つです。
そして、家主が入って欲しいのは2個人賠償責任保険なのです。
 
専門用語だから難しいですよね?
 
1つずつ説明します。
 
特に1.2は重要なので生きてく上で絶対に覚えておいた方がいい知識です。
 

家財保険とは

家財とはあなたの持ち物です。
洗濯機やパソコンや細かく言うと化粧品の眉ペンまでも対象となります。
 
この家財が火災、風災、水濡れ、落雷、爆発等の災害にあって損失してしまった時におります。
 
ここまではなんとなく想像通りですよね?
 
実はこの保険は「盗難」にもセットされてるんです。
 
つまり、家に泥棒が入った時にも適用されるのです。
 
ちなみに僕は26歳の時に家に泥棒が入り嫁の財布やらデジカメやら入ったカバンが盗まれました。
その時に眉ペンの一本まで保証対象となり保険がおりました。
しかも、寝ている時に入られたという恐ろしい体験です。
 

個人賠償責任保険

さて、家主が1番入って欲しいのはコレです。
個人賠償責任と言われてもピンと来ないかもしれませんが、第三者に損害を与えてしまった場合の保険です。
 
どういう事かいうと、コレは本当によくあるんですが上下階の漏水事故です。
 
例えば、洗濯機のホースが外れていてうっかり洗濯してしまって、その水が下の階にいっちゃったらどうなると思いますか??
 
下の階は天井から水が来て、天井と壁のボード、それに貼っているクロスは全滅です。
ましてやその水が下の階の家電なんかを壊してしまったら、もう大変です。
 
全部「ホースを外して洗濯した上の階の人」が弁償しなければいけません。
 
壁と天井で多分30万円位です。
更には壊れた家電とかは自己申告制なので下の階の人はここぞとばかりに申告してきます。
 
それに対して保険が加入されていればすべて保険金がでます。
 
だから家主は加入して欲しいんですね。

いくらまで出るの??

先程の例だと、家電入れて約50万くらいの請求になりますが、いくら保険といえど上限金額があります。
 

あまりにもヒドイ状況ならやっぱり自己負担はあるんでしょ?

 
と思われると思いますが
上限額は1億円です。
 

え?そんなに?
それ、どんな状態??

漏水事故で1億円いく事なんてまずありえません。
ですが、個人賠償責任保険が想定しているのは、第三者を怪我や死亡させてしまった場合も含まれるのです。
 
これを聞いても「漏水で死亡って!」
となると思いますが、コレはあなた個人に掛けられている保険なのでマンション外で起きた事も保証の範囲なのです。
 
例えば自転車でこどもをはねてしまった場合も適用されます。
 
加入する時に「部屋を借りるための保険」だという認識があるから想像つきにくいと思いますがコレは「あなた個人が24時間どこでも第三者に損害を与えた時」が適用範囲なのです。
 
その範囲の中にマンション内の居住者同士の損害も含まれているから加入させられているんです。
 
マンション用だからって居住者間の損害に限定されているわけではありません。
 

借家人賠償

これは難しくありません、皆さんが想像しているやつです。
 
自分が原因で借りてる部屋に損害を与えた時です。
 
例えば火の不始末でボヤを起こしてしまった時とかです。
 
注意点は汚損破損は適用外であるところです。
 
例えば子どもが走り回って壁に穴を開けちゃったとかですね。
 
上限金額は3000万円であまり使う事はありません。
 

保険料は何で決まるの??

保険料は15000円から25000円と書きましたが、その差は一体何かというと家財保険の金額のみです。
 
個人賠償責任保険(1億円)と借家人賠償責任保険(3000万円)は15000円でも25000円でも変わりません。
 
家財保険の上限金額が違うだけで15000円なら200万円位で、25000円500万円位です
  
正直なところ家財が数百万円の損害ってなかなかないのでファミリータイプでも15000円でも十分だと思います。
 
※さすがに家財全部が滅失したらファミリーで200万円じゃ足りません
 
ですが、形式的に25000円のに入らされます。
個人にかける保険なのに家主が金額まで口出ししてくるのは問題ありだと思いますが、慣例であり入らないと貸してくれないのでどうしょうもありません。
 
しかも、ここまで保険の事知ってる家主や管理会社もいないと思います。
 
みんなそうしてるから、そういうもんだからという状況です。
 

私、家財そんなにないんで

って言って15000円の交渉するのもありだと思いますよ。
 

いやファミリータイプは25000円なんですよ

なんて言われても
個人賠償責任保険と借家人賠償の金額は変わらないですよね?
大家さんに迷惑はかからないじゃないですか?
 
と食い下がってみましょう。
 
【お部屋探しはこちらから】