みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

西野亮廣エンタメ研究所は「宗教だ」と仮定してみた

f:id:anatano-kameya-2014:20190923210310p:plain

僕が西野亮廣エンタメ研究所に加入したのは2017年5月です。
 
その当時は名前も「秘密結社 おとぎ町商工会」と言うもので、参加者も700人程でした。
しかも、今と違い世間から嫌われまくっている西野亮廣をまるで隠れキリシタンのようにひっそりと応援するクローズな場でした。

f:id:anatano-kameya-2014:20190922092756p:plain

しかしながら、この数年であれよあれよとサロンメンバーは増えていき2019年9月現在では約30,000人のメンバー数となっております。
 
また、先日ENGEIグランドスラムで久しぶりにTVでキングコングの漫才を披露した時と先日ダウンタウンなうに出演して話題になった事がきっかけなのか、以下のブログのアクセスがググっと伸びました。

それだけ西野亮廣のオンラインサロンは世間で注目されているということでしょう。
 
そこで今回、オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所に入るか躊躇してしまう最大の要因「宗教なんじゃないか問題」について書いていこうと思います。

 

そもそも宗教とは 

なにそれ?
宗教じゃん!!

 そもそも論なんですが「宗教だ!」という言葉が悪口として成立してしまう日本に僕は疑問を持っています。
 
宗教というのは絶対的な神の存在があります。
キリスト教だとイエス・キリストで仏教だとブッダですね。
日本の古くの考えでは神は絶対的な一人ではなくて万物にそれぞれ神が宿るとして八百万(やおよろず)の神と言うのもあります。
 
もちろん信者も神と言う存在が科学的にはいない事は承知の上で、実体としてではなくそれぞれの神の教えを規範に生活する事が人徳のある人間になると言う事なので。
 
それの何が悪い事でしょうか??
 
ちなみに宗教だ!と叫んでいる人達は

神様なんかいるわけねぇだろ!
俺は無宗教だ!
宗教とか西野とか信じるやつは心の弱い奴だ。

と「信じるのは自分だけ」と言いそうですが、そういう「絶対的な神は存在しない」と言う考え方をポストモダニズムと言って立派な思想なんですね。
 
あなたも立派な宗教家と言ったところですね。
 

みんなが言う宗教とは

さて、どうして悪口として成立するかというと、それは「宗教」という言葉を、カルト宗教悪徳宗教の意味合いが上書きされてしまったからです。
 
なぜなら僕らはオウム真理教事件を目の当たりにしてきた世代だからかもしれません。
その位あの事件は人の価値観をひっくり返すような衝撃がありました。
 
さらに、昔から宗教と詐欺は密接な関係がありました。
その手法というのは人の「不安につけ込みマインドコントロールを行い、金銭を搾取する」という方法です。
 
通常で考えれば騙されるはずがないのですが、詐欺師の仕事は騙すことではなく騙される環境を作る事が9割です。
 
環境さえ整ってしまえばあとはちょこっとひと押しすればいとも簡単に騙せます。
 
逆を言うとその環境を整わなければ騙されないんですね。
 
オレオレ詐欺なんかも日々手法がアップデートされて「ふふん、私は騙されないよ」という人が次にどんな行動を起こすかを研究し先回りする劇場型詐欺というのが横行しています。
 
参考までに迷惑メール詐欺の手法はコチラから

騙しやすい環境とは

その「騙しやすい環境」には絶対条件があります。
それは外部からの情報をシャットアウトする事です。
 
これはマインドコントロールの鉄則です。
閉鎖的な空間づくりですね。
 
また空間と言っても施設に閉じ込めるわけではなく忙しくする事です。
 
時間を制限する事で他の人との接触をさせないようにする事、接触したところで事前に「あなたにやめなさいと言ってくる人たちはあなたの夢を邪魔するドリームキラーです」と言うのが詐欺師の常套句です。
 
ポイント

・情報弱者につけ込む
・閉鎖的な空間づくり
・外部情報はドリームキラーとしてシャットアウトさせる

 
あれ?
西野亮廣エンタメ研究所の構図ってやっぱり宗教じゃん!
 

宗教なんです

そうなんです。
僕も西野亮廣エンタメ研究所歴3年でベテランの領域に辿り着きましたがいろんな人に「あんなもん宗教だよ」「集団催眠と同じやり口だから気をつけろ」と言われ続けています。
 
そして

違うんだよ…

と、までは出てくるんですがその先の言葉がまとまりません。
 
どれだけ考えても違うんだよを説明できないんです。
 
なので、視点を変えてみて「宗教なんだ」と考えてみます。
 
そう考えると(信者=騙されてる人)が、いくら「違うんだよ」と言ってもなんの信憑性もありません。
 
言葉は何をいうかではなく誰が言うかが重要なので、信者である僕の言葉は何にも意味をなさないのです。
 
そして、冷静に考えると西野亮廣エンタメ研究所宗教の側面があるんですね。
 
構図は全くもって宗教なんです。
 
というか「宗教をオンラインサロンという名前に変えた天才たち」と西野亮廣、ホリエモン、イケダハヤト、はあちゅうと言われていたりします。
 
更に近大卒業式のスピーチは洗脳セミナーの手法だ!と言われています。
ちなみに洗脳セミナーもは似ていますが、もっと下品です。
本物の洗脳セミナーに行けばその違いは判ると思いますよ。←
 

あなたは本当に無宗教?

逆に開き直って宗教の何がいけないのかを考えてみました。
で、突拍子もないかもしれませんがこんな風に考えてみました。
 

日本って円と言う神様を信じている宗教団体じゃないのかな?

 
と言うのも日本人って

神様なんていないよ。
世の中だよ

って言う人多くないですか?
 
かの有名ミュージシャン尾崎豊もダンスホールと言う曲で
少し酔ったみたいね。
しゃべり過ぎてしまったわ。
でも、金が全てじゃないなんてキレイには言えないわ。
と言っています。
 
と、言うのも先ほどのポイント3つを振り返ると
 

情報弱者につけこむ → 日本からあまりでないので世界からの情報弱者である

閉鎖的情報を空間づくり → 労働でしかお金は稼げないという価値観と「長時間労働こそ努力で美しい」として会社と言う閉鎖的な空間に閉じ込める

外部情報はドリームキラーとしてシャットアウトさせる →  労働以外でお金を儲けてるやつは何か悪い事をしているに違いないとして、そういう人のいう事は聞くなと徹底攻撃する。

  
あれあれあれ??
となると、学校は「円」が最も力のある神のような存在という資本主義と言う教典を教えこむ集団催眠をする場所になってしまう。
 
・・・これはかなりうがった見方です。
もちろん本音でこんな風には考えてはいませんよ。
 

ポストモダニズム

先ほどもこの単語(ポストモダニズム)には触れましたが、日本は国が指定した宗教がないので「信仰の自由」が認められています。
 
そうなると「何も信じない」という無宗教の人が存在するんですね。
 
その人達は何かを信仰することは自分「個」の考え方ではないといい、個を主張します。
もしくは信じれるのは金だけだと言う、言うなれば「お金教」を信じてるとも言えます。
 
まるで自分の考えは誰にも縛られないと言っているようですが世界では「絶対的な神など存在しない」と言う考え方は「ポストモダニズム」と呼ばれる立派な宗教的思想を信じるポストモダニストなのです。
 
ちなみに、僕はシャンプーなんて特売のしか使ってませんでしたがパーマをかけてから嫁のシャンプー(ボタニスト)を使うようになって、めっきりボタニスト(ボタニストを信じる人)になったわけです。

※お察しの通りポストモダニストボタニストって似てるなぁと思ったからだした喩えです

何が言いたいかと言うと 
 
クルマはTOYOTAって言う人も、ビールはアサヒって言う人も、携帯はNOKIAって人も、シャンプーはボタニストって言っている人も、固定ファンと言うのは言い換えれば信者他ならなく、その構図は宗教そのものなのです。
 

西野亮廣エンタメ研究所は宗教

そこで、オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所に話を戻しますけど、西野亮廣エンタメ研究所のメンバーは結局のところ西野亮廣の固定ファン(信者)なので、宗教だというのはもはや否定できないのかもしれない。
 
先程のポイントに無理矢理当てこむと
 
【ポイント】

情報弱者につけこむ → 僕の加入きっかけがそうですが「なんか面白いことないかなぁ」「この歳になったら酒飲んで愚痴こぼす以外楽しみないよな」という楽しい情報の弱者でした。まさか大人になってからこんなに楽しい事があっただなんて。

情報を遮断する → 閉鎖的なオンラインサロンを作り情報を遮断するとは言うもののここは構図が似てるだけでこのインターネットのご時世他からも色んな情報が入ってきます。

外部情報はドリームキラーとしてシャットアウトさせる → 西野亮廣本人が体現していますが挑戦すると必ず批判する人がいます。ましてや、僕ら普通の人生でも、人生を楽しみ始めると「楽しそうでいいね」と本気で言ってくる人と「いい歳して何やってん?」の裏返しで言ってくる人に出会います。
「いつかかめぴょんが失敗したらいい」と思っている人たちが一定数いるのも事実です。(最近ネットで絡まれはじめてます)

 
宗教っぽいよね!!
だって構図が似てるんだもの。
 
宗教だの集団催眠だの言われますが、実は今西野亮廣エンタメ研究所は「学校」としても機能してますし、コミュニティとしても機能してます。
 

新しい人も入りやすい 

一昔前の西野亮廣オンラインサロンはどちらかと言うとコアなファンのたまり場という側面もありました。
 
しかし、西野亮廣本人が2000人超えたあたりからコアなファンのたまり場にならないように、古くからいるファンを古参(こさん)と呼んで

お前らみたいな古くからいるってだけで偉そうにしてる古参どもは、コミュニティにとってカッチカチのウンコでしかねぇ

と、まさか古くからいるファンたちをボッコボコに誰よりも攻撃しまくっていました。

 

今と昔はサロンの意味合いが違う

昔は西野亮廣が表で言わないファンが知りたい情報を本人から聞けるというファンクラブの進化版でした。
 
ですが、今は西野亮廣の独特の考え方と、その圧倒的な実行力と他人の巻き込み力を目の当たりにできる場所です。
 
それは読むことでコチラの意識が変わり自分の置かれた状況で代用できるものばかりです。
 
カルト宗教との違いは金の匂いがしないところです。
(大きな金がよく動きますが匂いはしないです)

今すぐその状況から脱してお金を浄化しましょう。
さぁ全財産持ってくるのです。
お金を使う人にしかお金は巡らないのです。
さぁ、持ってくるのです

とかするわけではなくて、あなたの状況ならこんな考え方でこんなやり方したらうまくいくよと置かれた状況での花の咲かせ方に気がつけます。
 
僕も会社員ですが、エンタメ研究所で刺激を受けて合理的な問題の解決方法自分に与えられたプレゼン時間なんかを学んで相当仕事に役立ってます。
会社員からおもしろ会社員になれました。
 

鎖国性

皮肉にも宗教で集団催眠をしているとされる西野亮廣エンタメ研究所に触れることで、僕こそが円こそが価値のある存在であると言う日本の集団催眠から説かれたのです。
 
とは言え、西野亮廣が言っていることが全て正しいなんてこともなく、西野亮廣本人も貨幣経済が覆ることなんてありえなくて、そんな中に選択肢の一つとしてこんな考え方があってもいいよね
と言っています。
 

オンラインサロンは海外旅行

よくインドに行って意識や価値観が変わる人とかいるじゃないですか?
人が変わる瞬間って「全く違う価値観に触れた時」なんですね。
 
僕も地元しか知らない生活でしたが東京に出て、仙台に転勤になってその度に価値観が変わりました。
 
きっと海外で生活したらまた自分の価値観も変わると思います。
 
そこへ行くと、鎖国性の強い西野亮廣エンタメ研究所とはある種外国みいなものです。
月千円払って海外旅行に行くイメージです。
(こじつけかな??)
 
ちょっと新しい価値観に触れてみる事で自分の意識が変われば発見です。
 
合わなければやめれば良いだけですよ。
海外旅行行くよりずっとお手軽ですよ。
 
ディズニー倒すって馬鹿にされてた西野亮廣が2020年冬に本気で挑むのです。
ここは絶対に見ておきたい!!
 
【↓↓↓加入はコチラから】