みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

西野亮廣とココシャネルの類似点

ウォルト・ディズニーを倒す!
と公言し、世間から嘲笑され続けた男・・・
西野亮廣

何とも偉人風の紹介文にしてみたが、実のところ最近は嘲笑されている様子はなくなってきている。

 

今回、西野亮廣世界の偉人と肩を並べる行動を行っているという事をご紹介したいと思います。

さて、数年前までは「ウォルトディズニーを倒す!」という言葉は、イジリのネタでしかなかった。

f:id:anatano-kameya-2014:20190707203319j:plain
(↑盛大にイジられている西野氏)

しかし、最近では

西野ってなんかすごくね??

という空気が出てきた。

と、言うのも僕がファンになった頃と明らかに世間の対応が変わってきている。

「キンコン西野を好き」と言った時の世間のリアクション年表!

 

2017年上期
「あの炎上芸人?」
「なんかすげぇ嫌われてるやつでしょ?」
「あの好感度低いやつ?」
「西野?あいつなんかムカつくよね」

2017年下期
「なんか最近絵描いてるんでしょ?」
「なんか赤い本書いてたやつ?」
「西野?あいつなんかムカつくよね?」

2018年上期
「あぁーあの成人式の?」
「最近スゴイよね、成人式の人でしょ?」
「3億円事件の人でしょ(笑)」
「西野?あいつムカツクけど最近やるよなぁ」

2018年下期
「最近なんかすごいよね」
「オンラインサロン?宗教かよ(笑)」
「西野?あいつムカつけど言ってる事は間違ってないよな」

2019年上期
「そうなんだー」
「あぁ、あの人カッコいいよね」
「西野?あぁ、昔から知ってるけど、あいつはやると思ってたよ」

赤字の人は実在するアンチ君で今では「俺は昔から西野に注目してた」的な事を言っています。ネットで人を批判する人はこのような感じで自分の意見をくつがえします。

 

さて、そんな西野亮廣氏ですが、ここ数年で世間を驚かせた二ュースがいくつもありますが、僕がピックアップしたいのは、この二つ!!

・えんとつ町のプペル無料公開

・満願寺光る絵本展で過疎地に3万人誘致

実は、この二つのニュースには世界の偉人がやったメカニズムが組み込まれているのです。

その二人とは誰か?

ココ・シャネル

ヘンリー・フォード

です。

今回はココ・シャネルにフォーカスしていきます。
(ヘンリーフォードは後日書きます)

前書き

実はこの二人の偉人について書く前に、過去にこんな事がありました。

2017年6月に、こんなブログを書いていたんですね。

当時はまだ書くのも下手でしたし、今みたいに閲覧数もなく誰も見ていない超絶弱小ブログでした。

そこで書いたことは「スタンリー・キューブリックとキンコン西野の類似点」です。

そして、このあと2017年10月に「革命のファンファーレ出版記念パーティ」というBBQ大会に参加した時に西野亮廣氏本人に、この話(キューブリック論)をしたのです。

なんと、そのエピソードは西野亮廣氏の著書「新世界」でも書かれています。

新世界

新世界

 

f:id:anatano-kameya-2014:20190707215509j:plain

そして、この話を西野氏本人に最近会う機会があったので直接聞いてみた。
(2019.7.5山形でのオンラインサロン限定飲み会)

西野さん新世界でのキューブリックの話、僕がお伝えしたの覚えてますか?

覚えてますよー。
なんかBBQの時ですよね。

はい。
実は、他にも西野さんと類似する偉人が二人いるんですよ!

むっちゃ気になる!誰っすか!!

ココ・シャネルとヘンリー・フォードです。

シャネルはなんとなくわかるけどフォードは知らん!教えて!!

いや、この間占いフェスのかき氷屋のブログに西野さんフォードの事書いてたじゃないですか??

あれはテキトーにググっただけや!
フォード全然知らん!

(↑ここに書かれているヘンリー・フォードの話はテキトウらしいです)

 そんな西野亮廣氏が「かき氷屋にしちゃん」として普通のかき氷をさもスゴイかき氷の様に売る占いフェスはコチラから↓↓

占いフェス presents 開運ナイトミュージアム 2019 SUMMER

 

ココ・シャネル

 言わずと知れた、女性ファッションの礎を作ったデザイナーです。 

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

シャネルは今でこそ絶大なブランドを確立していますが、当時はなんと支持者が少ない変人扱いだったそうです。

彼女が変えたのは服の常識ではなく、女性の美しさの価値観を変えてしまった人なのです。

今回は西野亮廣氏との類似点にフォーカスしたいのでシャネルのすごさについては割愛しますが、彼女が残した名言を見ることで、西野氏との類似点が浮かび上がると思います。

流行とは、時代遅れになるものの事よ.

f:id:anatano-kameya-2014:20190709215846j:plain

ココ・シャネル

 

最先端の技術はすぐに廃れてしまう。
だから僕は普遍的なエンタメを作らなければいけない。

f:id:anatano-kameya-2014:20190709215858j:plain
西野亮廣

 

 

二人の類似点

横顔に自信がある!!

  

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。
でも、それが私の成功の鍵。
みんなと同じ格好をしなかったからよ。

f:id:anatano-kameya-2014:20190709215846j:plain
ココ・シャネル

 

みんな、僕の着ているものが破られるのを見て笑ったよ。
でも、間もなくそれは過去になる。
過去は変えられる、理論上失敗なんてない。
だから、挑戦し続けてください。

f:id:anatano-kameya-2014:20190707223349j:plain

西野亮廣

 

だめだ!

なぜか僕が悪意ある編集をしてしまっている…

ひな壇出ない問題と競合の関係

例えば、シャネルの

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。

でもそれが私の成功の鍵。

みんなと同じ格好をしなかったからよ。

については

ひな壇に出ない

というエピソードに似ていて、ひな壇に出ない事が成功の鍵ではなくて、ひな壇に出ないと発言したら「西野みたいに叩かれまくっちゃう」と思われてしまう事に意味があるのです。

 

とてもじゃないが誰も「ひな壇に出ない」とは言えなくなったのだ。

そりゃ、言えないですよね?

あんなに叩かれるんですから

f:id:anatano-kameya-2014:20190710212341j:plain
(↑こんな事になっちゃう)

 

シャネルも同じです。
みんなと同じ服を作らなかったココ・シャネルはどうなったか?
世間から叩かれまくり
「みんなと違う服を作ったらシャネルみたいに干されるよ」

と思われるのです。

結果、一人勝ちですね。

なぜなら勝負時が来たら
競合がいないのですから。

 

西野亮廣氏になぞらえるとどうなるか?

誰も西野亮廣氏の行ったフィールドを追いかけてきた人がいないのです。
(西野氏以外に「ひな壇でない」と言い切った人がいない)

すると、結果はココ・シャネル同様には唯一無二となりましたね。

f:id:anatano-kameya-2014:20190707224136j:plain

(↑唯一無二の肛門芸人なった西野氏)

ダメだ!
指が勝手に変な画像差し込んじゃう!!

えんとつ町のプペル無料公開

さて、まじめな話に戻しますが西野亮廣氏炎上史においても火力の強かったランキングの上位入るであろう事件がこちらです。

しかしながら、実はココ・シャネル無料公開に近い事をしていたのです。

ココ・シャネルは先ほどの記述の通り、駆け出しの時は鼻で笑ていたそうです。

女性は窮屈なコルセットを着用すのは美とされていたのに対し、動きやすく美しいものを追求したからです。

しかしながら、着実にシャネルの価値が上がってきた時に世の中ではシャネルの服を模倣する人が増えてきたのです。

コピーをするとどうなるのか?

服はどんなにおしゃれなデザインでも出回ってしまえばコピーするのはさほど難しくないようです。

実際に僕の友人の服職人に聞いたころ

現在でもアパレル業界では普通にありますよ。
売れているものをいかに早くコピーするかみたいな感じです。
これをそのまま作って!
といって工場にもっていけばできますよ。

服を作る時って型紙ってあるよね?
あれがなくても同じ服は作れるの?

型紙があると作るのが楽にはなりますね。
でも、物があれば同じのは作れますよ。

100年前でも?

100年前のことはよくわからないけど、仕立て屋とさんとか今と違ってプロというか専門職だったと思うので出来ると思いますよ。

なるほど!

そして、その時ココ・シャネルがとった行動は

型紙を無料で配った

です。

競合の人がシャネルをコピーするのにやっきになり、完成品を分解しているところに設計図である型紙を送っちゃったのです。

まさに敵に塩を送ったのです。

そうなると怒る人がいますよね。

誰かわかりますか??

 

職人です。

ちなみに先ほどの服職人の友人はえんとつ町のプペルの衣装を完全再現した方です。

職人の怒らせる人

これが西野亮廣とココ・シャネルの類似点です。

スタッフを激怒させる!!

西野氏も大炎上しましたね。

無料公開なんてしたらクリエイターが食いっぱぐれるじゃないか!!

これに対して西野氏は多くは語らず

僕には僕の作品を一緒に作ってくれた、スタッフの皆様を食わせる義務がある。
確かに三流クリエイターは食えなくなるかもしれないが、僕はそもそも芸人という実力者しか残れない世界で生きてきた。
国民全員がクリエイターになれるこの時代において50点60点の作品しか作れないプロには価値がなくなる。

色々と答えになっていない回答をするが、言葉ではなく結果でその真意を表したのです。
 
さて、ではココシャネルはどうしたかと言うと、怒り狂う職人に

偽物が増えれば増えるほど本物の価値が上がる

と言い
 

いやいや、とは言っても現実はそんなに…

 
と職人は言うが、シャネルがブランド化して結果で職人を黙らせたのです。
 

無料公開の二番煎じ

この様に無料公開の成功例となった西野氏の手法は、時を経て出版業界のスタンダードとなった。
 

(補足)無料公開はゲーム業界ではすでに使い古しの手法でした、皆さんPokemon GOとか無料でやってますよね?
これを「フリーミアム(フリーとプレミアを足した造語)」と言うごく普通の戦略なのです。
西野氏はごく普通のフリーミアムをやっただけで大炎上する火力の持ち主なのです。

 

その後に新潮社から出た小説で

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

 

  はご存じだろうか?

 

この小説は西野氏の無料公開大炎上後に世間が
あれ?無料公開したら売上伸びちゃった
と認知し始めた時に極めてサラッ無料公開した作品です。
 
公開前に2週間無料公開してキャッチコピーを募集するというキャンペーンをやったのです。
 
僕は定期的に本屋に行くのですが、そんな事は全く知らずに購入しました。
新刊なのに表紙裏が感想でビッシリ埋まっていてるという状態でした。

f:id:anatano-kameya-2014:20190710221121j:plain 

内容はとても面白かったです。
 
読み終わったら最後の1ページで結構ド肝抜かれて読み返してしまいました。
 
ですが、爆発的には売れませんでした。
 

それはなぜか??

二番煎じだからではないのです。
 
募集の仕方が

この小説、すごすぎて、いまだコピーをつけられずにいます。恐縮ですが皆様のお力をお借りしたく、発売前に異例の全文公開に踏み切ることにしました

でしたが、さすがにプロがキャッチコピーをつけられない程すごいかと言うと、それは嘘でしょと言うレベルです。
 
おもしろいですよ!
おもしろいんですけど、これだけネットにスゴイアマチュア作家が無料で面白い小説を出している中で、それをぶっちぎっているレベルかと言うとそこまでではないかなと。
 
実際に編集者もインタビューで

無名の作家が店頭で手に取ってもらうのは難しいから、なんとかネットで話題作りをしたかった

と言っています(話題づくりしたかったとか言っちゃダメじゃん!)。
 
いわばスタートダッシュの短期的な作戦ですね。
 

西野亮廣の無料公開の罠

西野氏の無料公開は今日現在でも無料公開されていて、今もなお売り上げを伸ばしています。
 
そこには二つのポイントがあります。
 
ポイント1

画力がぶっちぎっている

他の絵本作家では描けないレベルなんですね。
ディープインパクトくらい画力がぶっちぎってます。

f:id:anatano-kameya-2014:20190710222338p:plain
(↑8馬身差をつけてぶっちぎりゴールした名馬ディープインパクト)

  
ポイント2

絵本のくせに縦スクロール

もう一つは絵本のくせに縦スクロール公開だから読みにくいったらありゃしない。

というか、子供に読み聞かせの時にスマホタブレットって
親として抵抗ありませんか??

普段から子供に

スマホやTVばっかり見るな!
目がわるくなるよ!!

って言って育ててるのにスマホで読み聞かせるわけにいかないですよね?
 
そのくせ縦スクロールですよ?
そんでもって西野氏の絵本は細部にこだわっている絵ですよ?

指二本でぐーーーとズームして・・・・
 

あぁ、読みにくい!

もう買うわ!!

となってしまうんですね。
(これは僕が購入に至った経緯です)
 
無料公開したくせに実は読みにくい仕様にしていて、細部まで見たいとか読み聞かせしたいとか満足度に関しては無料公開していなかったのです。
 
先ほどの小説だと文字情報なので満足度まで無料公開してしまったのです。
(西野氏よりサービス旺盛)
 
西野氏のしたたかのところは、無料公開の代名詞になっているのに実は満足度だけは購入しないと手に入らない含みを残していたところです。
 
そして、書いていて大変な事に気が付きました。
この件についてはココ・シャネルは一切関係してこない!
ただの余談でした。

まとめ

いかがでしたか?
最後に話をまとめますとココ・シャネル西野亮廣の類似点はやはりコチラです。
 

むちゃくちゃな事言ってスタッフを怒らせる

 
これにつきます。
 
無料公開だけじゃありません。
西野氏は幾度となくスタッフを怒らせるのです。
こんなの氷山の一角でしかありません。
 
レターポットの制作過程ではむちゃくちゃな事言って、応援しているファンをも怒らせ、オンラインサロンという非公開コミュニティファンとガチゲンカしたりもしていました。
 
ファンとガチゲンカするオンラインサロンはコチラから

(最近はしなくなったなぁ)
 
これを書くのにココ・シャネルを調べていたら面白い事を見つけました。
 
それはシャネルが生涯結婚する事はなかったが、恋多き女デザイナーという二つ名があったのです。
 

恋を追う女じゃないけれど、恋もしたわ。
男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね。

f:id:anatano-kameya-2014:20190709215846j:plain
ココ・シャネル

 

体を動かすのって普段は脳が司令を出してるけど
たまにポコチンが直接体に司令を出してる時がある

f:id:anatano-kameya-2014:20190709215858j:plain

西野亮廣
と、「エゴサーチTV」という番組で語っていました。
 
世界のデザイナーココシャネルが恋多きデザイナーであるのであれば
西野亮廣氏も近い将来偉人となり、後世このような二つ名がつくのではないでしょうか?
 
 
 
ヤリちん絵本作家
 
 
やべぇ、さすがにこんなこと書いたら僕怒られるかな…
 
このブログが西野氏に見つからない事を切に願います。
 
【お知らせ】
ヤリちん絵本作家の仙台講演会が8月22日にございます。
チケットはコチラから↓↓

「えんとつ町のプペル」光る絵本展in仙台

 

(光る絵本展 入場無料)

・2019年8月20日(火)~25日(日)

・仙台市福祉プラザ2F展示ロビー
(市営地下鉄南北線「五橋」駅 南1番出口徒歩3分)