みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

FAXは次元転移装置(拝啓、母上様、僕は元気です1)

映画が好きなんです。

先日「何者」を見てきました。
浅井リョウが原作ですね。

桐島、部活辞めるってよ

の、浅井リョウです。

原作読んでから行ったので、2時間では表現しきれないだろう感はありましたが
とってもよく仕上がっていました(上から目線ですいません)

なんといってもキャスティングがすごかったです。
誰をとっても、とってもイメージにぴったりです。

特に 菅田 将暉がぴったり過ぎて驚きました。

見どころを書きたいですが、そのうちレビューでも書いてみますね。

こんばんわ!かめぴょんです。


さて、本当どうでもいい話書きますね。

僕が一人暮らし始めた時、今から12年くらい前です。

その時って当然ガラケーしかないですし、伝説の掲示板
スタービーチがあった時です。
いや、一人暮らし始めた時にはすたれ始めていたころです。

多分、今35歳位の人なら、スタービーチ「昭和生まれあるある」で盛り上がれるようなひとつです。

まぁ、それはおいておいて・・・


当時、僕は自宅にFAXがありました。

固定電話への憧れがあり、ネットを引き込むつでにNTTのBフレッツライトプランがあるので

導入しました。

プリンターを買う時に、同じような値段で
FAX、スキャナー、電話の複合機がブラザーからやすかったので
お得感から買いました。

そんでもって、一人暮らしを始めたの頃って、自宅に僕宛の大事な書類とかが届いちゃうんですよ。
これも一人暮らしあるあるですよね。

その度に母親から電話が来るんで

あ、そうだ!FAXを使おう!ってなるんですよ。

そんで、母親に

「それFAXで送ってよ」

と頼んだところ

5枚くらい同じものがFAXで届きました。

もういいよ!ちゃんと届いてるよ!

という事を母親に電話したのですが




ダメだ!何回ながしても、下から出てきちゃう!!

と、言われました。

最初は

何言ってんだろう??と思いましたが

どうやら、母親はFAXは

紙自体を相手方に送る
次元転移装置

だと勘違いしていたようです。


母親の話をしたら、これ以外にも色んな事があり付きません。


拝啓、母上様お元気ですか?
僕は元気です。