みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

貯金と預金の違いって知ってますか??

貯金をしなさい。小さいころから言われ続けてきました。

でも、これって誰に言われました?

なぜ貯金をしなきゃいけないんでしょうか?

まさかの時の備えとして貯金は大切です。
そりゃあそうです。

問題はそこではなく、僕らは思考を停止して何も考えずに貯金した方がいいと刷り込まれていることです。

僕は、これから浪費しようぜ!とか自分に投資しろ!とか一発逆転儲け話!とかするつもりはありません。
基本的にはお金は大事にしなきゃいけないと思っています。

ちなみに郵便局に預けることを貯金と言って、銀行に預けることは預金と言います。

皆さん、貯金しろって言われませんでした?預金しろじゃなくて。

この違いが意外となぜ刷り込みが始まったかを紐解くキーワードになります。

日本だけですよ?こんなに貯金している国民は。

 

目次

 

大事にする=貯金ではない


まず僕らの親世代は更に親に、つまり祖父母貯金しなさいと言われて育っています。

貯金主義エリート3世の僕らは当たり前のようにお金は貯金しなきゃいけないと思っている

何も疑わずに。

まず大前提として、預金も貯金もただの金融資産です。
ATMに現金入れた時点で、現金はただの数値となるんですよ~。
あなたのお金は、銀行に貸した事になるんですよ~。
もう
あなたの現金ではないんですよ~。

僕たちのお金を大事に保管してくれる金庫じゃありませんよ。

そう、中学校の時に思ったんです。
なんで皆のお金預かってるだけで、銀行員の人はお金貰えるんだろう?と。

その時、僕はお父さんに聞きました。
「なんで銀行の人って、お金もらえるの?」
ここは中学生ですので、質問力もありません。

「銀行はお金作ってるからだよ」子どもなら絶対に騙される嘘で塗り固められました。

そんなこんなで、お金と向き合わずに、親にとにかく大事に貯金しなさいと教え込まれます。

これは皆さんも一緒ではないでしょうか?

そして、大人になってから気がついたんです。

お金のこと大事にしてたら、絶対に全額貯金なんてしないってことを。

親はお金を大事にしなさいって言いましたが、それは本当に正しいと思います。
浪費する人とは絶対に結婚しない方がいいですよ、男女ともに。

でも、大事にする=貯金っておかしいんですよ。
考えれば考えるほど。

預貯金はただの金融商品の一つ

 

世の中には色んな金融商品があります。

株式、債権、FX、投資信託、保険、確定拠出年金等々です。

金融資産って言ったら上記のことを思い出しませんか?

なぜ、この金融商品預貯金思い浮かばないのでしょう。


それは、何度も言ってますが、親ですね。先代からの徹底された教育ですね。

親やその親の時代の預貯金の利率ってご存知ですか?
バブルの頃は7%とかだったらしいですよ(僕はバブルの頃は小学生なので実感ありませんが)。


現在はというと0.001%ですよ。

なんすか?0.001って。
視力なら失明していますよ。

どのくらい違いがあるかというと、、、

例えば100万円預けたとします

7%なら当然7万円の利息がつきます。
現在(0.001%)なら、
100円の利息です

もし、500万円預けていたら
7%なら、なんと
35万円の利息がつきます。
現在(0.001%)なら、
なんと500円!!
こんなに違うんです!!
しかも、預貯金は複利計算ですから、翌年はこの35万円にも利息が付いて行くんです。
つまり、2年目は374,500円の利息になります。
その翌年はさらに増える計算です。

そして、おかしいと思いませんか?
銀行に預けると言う事は、銀行に僕らがお金を貸しているという事です。
なのに、金利は借りる側が決めているんです。

例をあげるとですよ

友達が500万貸してと言ってきました。
1年間貸しました。
利息として500円くれました。
利息は友達が決めました。
500でいいでしょ?と


こんなふざけた話ないですよね??

さらにたとえ話を続けるならですよ

友達に一部金を返してもらおうしました。
でも、コンビニでATMを使って返してもらいました。
手数料が316円取られました。

僕が蝶野なら

蘇るプロレス黄金時代BOX Vol.2 永遠の三銃士!蝶野正洋 [DVD]

ガッテームである

しかも、1998年にたくぎん(北海道拓殖銀行がつぶれるまでは銀行が破綻するなんてありえないとされていた時代です。
(僕は北海道だったんで、子どもながらにスゴイ事が起きたんだと思いました)

銀行に預けるのは株や債権と違ってリスクがほぼない

つまり、ローリスクハイリターン超優良金融商品だったわけですね。


そりゃあ貯金するわ!!

しかし、今や失われた10年リーマンショックを経てゼロ金利飛び越えて、中央銀行ではマイナス金利時代です。

それでも僕らのマインドは親に言われた「貯金しなさい」が脳裏に焼き付いて健気に預貯金というローリスク超ローリターンの商品にお金をつぎ込んでいるのです。

もはや、預貯金にはお金を育てる能力はないのです。

なんにも考えないでお金が増えた味を知っている親たちは、今もまだその味がすると思い込んで、僕らに味のしないガムを勧めているのです。

ブルゾンちえみ風に言えば


「新しいガム欲しくない?」である。

 

親もまた被害者なのか?

それじゃあ、誰が我々の親にそんな刷り込みをしたかというと、おじいちゃんおばあちゃんである。

おじいちゃん達が貯金しなさいっていう話をすると、高度成長期以前貧しい生活を想像して慎ましくお金を大事にしようという魂から、貯金文化が生まれたと考えるかもしれない。

確かにその面もあるだろうし、その考え方はとても大事であって、お金は大切にしなければいけない。

改めて言いますが、大切にしてるからこそ、貯金だけに重心を置くのは危険なんです。

さて、おばあちゃん達が貯金しなさいと貯金しなさいと言いますが、預金しないとはあまり言いませんよね?
不思議ですよね?お金の勉強したら、最初にたどりつくあるあるが「預金と貯金の違い」です。
でも、無意識に年配の方はみんな「ちょきん」と言います。
これは不思議に思いました。
お金に詳しい人と話すと必ず「よちょきん」って言います。

僕の友人であだ名が「ちょんきん」という奴がいますが、この際どうでもいいです。

これは昔何かの本で読んだんですが(確か司馬遼太郎だった気がしますが、完全にタイトルは忘れました)
郵便局というのは今でこそ、郵便配達貯金、まぁかんぽだったりと色々用途はありますが、戦時中の役割と言えば、軍事費の調達もうひとつは徴兵において重要な役割をしていたわけです。


つまり、戦争する資金集めのためには余っているお金は貯金しろ」と集められたお金は戦争に使われるという仕組みですね。

国をあげて、貯金しなければいけないと植え付けてたわけですね。


そりゃあ信じますよ。預貯金神話を。

でも、よく考えてくださいね。
今は時代が変わったんです。
戦争の費用集めもなければ、バブル期のように金利も高くない。

環境の変化に気が付かなければゆでガエルになってしまう。
(関係ないですが、嫁さんはカエルが死ぬほど嫌いで「カエル」という単語を発しただけで怒り出します)

親の教えじゃなく、自分の頭で考えよう!お金の事を!


ニュースでも見たことあると思いますが、預貯金割合がここまで高いのは日本だけですなんです。
アメリカなんかは投資しなさいという教育だそうです。


なんで、他にも良い金融商品あるのに手を出さないのか。

おそらく、預貯金金融商品であるって言う認識がないだけだと思います。

学ぶ事から逃げないで、お金と向き合いましょう。

学べば学ぶほど、預貯金しかないって言うのはリスキーです。

じゃあ、他に何を持てばいいの?って言うのは、それは今後書いていきます。
それに、僕は金持ちじゃないです(7年間ブラック企業で人生搾取されました…)。

今日は、とりあえず預貯金もただの金融商品であるって事だけ覚えてほしかっただけです。

あっ、あとキチンと預貯金がある人が次のステップですからね。
預貯金が全くない人は、まずはお金ためてくださいね
(
具体的にいくらためなきゃいけないかはまた後日書きます)。

あ、最後に一応、僕ファイナンシャルプランナーの資格ありますからね。