みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

西野亮廣エンタメ研究所に入るか迷っている方々へVOL.2

キンコン西野氏のオンラインサロン2万人を超えました。 
ここ最近に来て↓のブログがものすごいアクセス数が出ている。

(一年前に書いた記事なのに・・・)

世間の皆さまが西野氏に興味がある事が伺えます。

なので、VOL.2を書いてみたいと思います。

 
僕は2017年5月からオンラインサロンに加入しています。
その時は500人未満でした。
名前も「秘密結社 おとぎ町商工会」でした。
 
その頃は

キンコン西野ファンです

と言おうものなら

え?なんであんなヤツ

え?あの炎上芸人でしょ?

キングコングってもうテレビで見ねーし終わってんじゃん

え?西野好きなの?
私、西野好きなヤツも嫌い

と、とんでもねえ事を言われる時代なので隠れキリシタンと同じようにコソコソファンを続けなければならなかったのだ。
(最後の女子は僕が直接言われた一言です)
今でこそ僕はどこでも「西野さん」と呼んでますが、当時は「西野」と呼んでいました。 
 
でも、ご安心ください!
今はとても入りやすい状況です。
 
それはやっている事がわかりやすいからです。

ターニングポイント

当時の西野ファンは肩身が狭かったです。
僕はファン歴2年ですので最初のほんの1年くらいだけでしたが、本当の昔からのファンはさぞ大変だったでしょう。
 
そして、いくつかのターニングポイント「あれ?西野ってなんかすごくね?」に風向きが変わってきたんです。

それぞれのポイント

僕がファンになったのはえんとつ町のプペル無料公開後なのですが、それでもまだ風当たりは冷たかった。
今でこそ「無料公開」広告手法の一つになったが、この記事を見れば当時の無料公開がどれ程火力があり、袖山さんが火だるまになったかがわかるかと思います。

(関連記事:えんとつ町のプペルを無料公開した時に一番被害を受けた編集の袖山氏の記事)

 
そして、その後革命のファンファーレがヒットしてから徐々に「西野すごくね?」感が出てきました。
それはあの劇団ひとりさんも本については大絶賛しております。
 

それは堀江貴文氏秋元康氏等がこぞって彼を高評価する状況を見ると、あれ?西野って芸人だよね?感が出てきたのです。
(僕は堀江貴文氏の本を読んで西野さんのファンになりました)

99%の会社はいらない (ベスト新書)

99%の会社はいらない (ベスト新書)

 

 (↑この本に「イケダハヤト」「はあちゅう」「西野亮廣」って出てくるんです)

リベンジ成人式

そして極めつけはリベンジ成人式です。
もう、これで世間の目線はガラッと変わりました。
これ以前はキンコン西野というと
・嫌われてる人だ!
・好感度低い人だ!
・絵本ひとに描かせてる人だ!
と、揶揄されました。
 
でも、これ以降は

あ、成人式の!

となりました。
リベンジ成人式についてはコチラの記事がよくまとまってます。

西野亮廣エンタメ研究所

そして、そのオンラインサロンについてですが、とりあえず内部の事は言えないのですが単純に読み物です。
電車だったり、昼休みだったりふとした時に読んだらわくわくするんですね。
僕の場合は、映画が好きだったのですが子どもが生まれてから「まとめて2時間」なんて捻出できないんですね。
世のお母さんたちだって絶対に無理でしょ?
なので、僕の趣味は映画からコマ切れの時間で使える読書に変わったんですね。
その西野亮廣オンラインサロンはその延長です。
コマ切れ時間しか作れない世のお母さんたち程オススメです。

朝ドラとほぼ同じです。
毎日、西野亮廣が主人公のコマ切れドラマが続いてるんです。
この毎日ってのがいいんですね。
 
で、今はとても分かりやすくて「美術館を作ろう!!」という目標があって、とりあえず土地だけ買っちゃったけど、これからどうやって作っていくの??と言うがメインテーマです。
出来ていく過程はオンラインサロンでしか見れないのですよ。
戦略の練り方とかすごいですよ。

二つの努力

キンコン西野氏の戦略には主に二つのパターンがあります。
1、誰も思いつかないようなアイデア
これはおどろきの発想が飛び出してきます。
無料公開もしかり、何かをするには何かの理由があるんですね。
例えば、TVにほとんど出ないのに

f:id:anatano-kameya-2014:20190211222859j:plain
ゴッドタンでは凄まじい芸風を見せてくれますよね。

これも実は理由があるんです。

それらの理由はオンラインサロンでは公表されています。

 
2、誰もが思いつくけどしんどすぎて絶対にやらないアイデア
やっちゃうんですよ。
いや、ほんとそもそもオンラインサロン記事を欠かさず投稿とかホントにやばいですよ。(但し、年に数回のゴッドタンの収録付近だけは汚い話が多いです)
サイン本作成してファンの心を掴むとか、誰もが思いつくじゃないですか?
やり続けてるんですよ。
 
だって、サイン書きすぎて「にしのあきひろ」がたまに「にのあきひろ」になってるやつとかあるんですよ!!
 
他にも同時進行で「絵本の新作」やら色んなことがあるので週刊少年ジャンプみたいですよ。
あれ全部読んでる人なんていないでしょう?
(僕はワンピースとハイキュー!!だけ読んでます)
 
そんな感じで気楽に読めばいいと思います。

最近は

ほらね!
なんかわかりやすいでしょ??
最近では西野さん自身もオンラインサロンについてこんなにわかりやすい記事書いているんです。

こんなんじゃなかったんですよ!!

僕が加入した時は!! 

ええ!? 

何かっちゃあ、宗教だ宗教だと言われましたよ!

ファンクラブみたいなもん?

ん~似てるけどちょっと違うかなぁ

なんなのオンラインサロンって?

ファンクラブとは違って本人が色々直接投稿するから公で言えない事ととか頭の中覗けるって感じかな

ふーん。でも西野の公で言えない事って、すげー悪口とかひねくれたこと言ってそうだね

いや、世間のイメージとは全然違って

絶対騙されてるよ

いや、入ればわかると思うんだけどね。守秘義務があるから言えないんだけどね・・

宗教じゃん

別にお前に迷惑かけてないじゃん、ほっといてよ。

が、お決まりのパターンですね。

それで友人も反省するんですね。

ごめんごめん、怒るなよ。

もういいよ興味ないだろ?

いや、宗教だなんて言ってゴメンな、でどんな話してるの?

えーっと最近はお金とは何かかな

宗教じゃん!!

レターポット

もう、その時のメインテーマがレターポットだったので「お金とは何か?」を徹底的に討論していた。

2017年8月に東京キネマ倶楽部で「西野亮廣の制作物発表会」というイベントが行われた。

f:id:anatano-kameya-2014:20190211225310j:plain

この時に、レターポットの構想が壇上で話されたのだ。

当時はレターポットと言う名前は伏せられていて「L」と呼ばれていました。
そして、その会場で西野氏は500人の観衆の前でスポットライトを浴びてこう言った

お金とは信用を数値化したものである!
はい、ご一緒に!

僕らは大きな声で復唱させられたのだ

お・・・お金とは信用を数値化したものである!

いや、宗教じゃねぇか!!

西野氏本人も客に言わせといて

言っちゃダメだよ!変な空気になるじゃねぇか!

と、こちらのせいにしていました。

でも、お金とは何かを討論して時は本当に熱くなったなぁ

制作物発表会

この話は2017年8月なんですね。
その時に僕らは「チックタック約束の時計台」という絵本のラフ画と西野氏本人の朗読を見ました。

ハッキリ言ってラフ画と思えないレベルラフ画でした。

f:id:anatano-kameya-2014:20190211230053j:plain

もうこれで完成でしょ?
というものでした。

会場でも涙をすする声を涙をすすりながら聞いておりました。

 

それが2019年の現在でこんなんになってました。

f:id:anatano-kameya-2014:20190211231054j:plain

オンラインサロンでは、この変化が逐一流れていました。

あの時僕らは「これで完成でいいじゃん!」って思ったものを見せられましたが、この2年でものすごい進歩をしています。

色の使い方やら、制作過程から、広告戦略までオンラインサロンで繰り広げられててます。

おそらく出来上がった美術館を見るより、美術館が出来るまでを一緒に見た方が楽しいですよ。

それは今しかない価値だから。

この男、TVでケツの穴は見せても、腹の中はオンラインサロンでしか見せてくれないのです。

実は、西野さんの有言実行のかっこよさは僕は「反撃ですよ。」というブログを読んてしびれました。

このブログを見てからの2019年の今への軌跡は凄まじいでのです。

もし迷われている方がいたなら、まずは下の反撃ですよ。を読んでみてはどうでしょうか?

(↓加入はコチラから)

salon.otogimachi.jp