みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

ただの会社員の僕が新世界を読んだら、クラウドファンディングをここまで理解できるようになった

キングコング西野氏の新書「新世界」は手に取っただろうか??

新世界

新世界

 

僕は読んだが、すこぶる良い。

特筆すべきはとにかくわかりやすいだ。

前書「革命のファンファーレ」の文体が教科書であるならば、新世界「こどもチャレンジ」だ。

しまじろうとなかまたち [DVD]

とにもかくにもわかりやすい言葉でめちゃめちゃ難しい事書いている。

これはしまじろうと一緒に勉強してたら素因数分解が出来ちゃったくらいすごい事です。

さて、僕が今回お伝えしたいのは、普通の会社員である僕が西野亮廣エンタメ研究所に加入して情報を得ただけでここまでクラウドファンディングを理解できるようになったという事です。

なぜなら新世界に書いている事をもっともっと詳しく書かれているのが西野亮廣エンタメ研究所なのです。

ただの会社員がクラウドファンディングを説明してみる

もう新世界読んでいる前提で、このブログの読者はクラウドファンディングに大切なのは信用である事を知っている前提で話していきます。

f:id:anatano-kameya-2014:20181121235519j:plain

あ、申し遅れました。
クラウドファンディングを一度もやったことのないかめぴょんです。
ポルカはやったことあります)

クラウドファンディングを知れば知るほど、やるのは今じゃないのです。

林先生にどんなにそそのかされても、僕の場合は絶対に今じゃない

イラスト図解 いつやるか? 今でしょ!

もっと信用を稼いでから臨まないと、失敗するのは目に見えているのだ。

そして、僕がクラウドファンディングをやる時は

「魅惑の深海パーティ」を開催したい!f:id:anatano-kameya-2014:20181105232457j:plain
(映画「Back to the Future」より引用)

 とか、とてもくだらない事だと思います。
その時は皆さんよろしくお願いします。

クラウドファンディングで大切な事

クラウドファンディングをやる上では大切なのは「自分の事を知ってもらう」事だ。

いくら実力があってもダメなのです。それだけじゃ駄目なのだ。

逆に、クラウドファンディング成功する人は、どこか放っておけない感があるのだ。

また、普段から面白い事をやり続けている人の方が支援したくなるのだ。

クラウドファンディングと言うのは、この「支援したくなる」と言うことが大切なのです。

つまり、あまりにも完璧なら

俺たちが手伝わなくても大丈夫でしょ

と思ってしまうので、応援はするものの支援はしないのだ。

このクラウドファンディングの仕組みは世間から非常に理解してもらえない。

なぜなら

そんなもん自分の金でやれ!!

ってなるからだ。

芸能人がこぞって失敗するのはココだ。

俳優の山田孝之さんもその一人だ。

しかしだ、今や価値観は変わり気軽に支援するし、そこに楽しさや幸せを感じる人が増えているのだ。

僕も先日岡山で被災された方が奥さんが入院するので支援してほしいという投稿を見かけ、迷わず支援した。

もちろん、中傷もあった。

だが、支援した僕の心は豊かになった。

昔と欲の満たし方が変わったのだ。

貴重な参考文献を発見した

さて、そこでクラウドファンディングを最もわかりやすく説明している参考文献を見つけました。

なんと、クラウドファンディングが始まる10年以上前に、その仕組みが描かれているのです。

詰まるところクラウドファンディングは、その仕組みをシステムとして具現化しただけであって、根底にある概念は何一つ新しいことではなかったのだ。

しかも、その参考資料にはクラウドファンディングの失敗も描かれていて、どんな人が失敗するか、どんな人が成功するかもキチンと詳細にわかりやすく描かれている、まさにクラウドファンディングの教科書といえる。

当然、西野氏の新世界よりもずううううっと前にだ。

その参考資料とは?

みなさんドラゴンボールと言う漫画をご存知でしょうか??

ドラゴンボール コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

7つのボールを集める事を忘れて、どんどん強いやつが現れては戦って行き、仕事もせずに修行ばかりして子どもをネグレクトする父親が主人公の鬼畜系バトル漫画です。

そして、この漫画に出てくるクラウドファンディングとは元気玉という仕組みです。

ドラゴンボール超 オラに元気を分けてくれ 元気玉SPECIAL 孫悟空Ver. フィギュア

クラウドファンディングとは、オンライン上で目標をプレゼンし賛同者から少しずつお金(資金)を集めて、賛同者にリターン(見返り)の約束をするという仕組みだ。

元気玉クラウドファンディングした場合は

ベジータを倒したい!

オッス、オラ悟空!今ベジータっちゅう、とんでもねぇやつと戦ってたんだけど、どうにもオラの力じゃ勝てそうにねぇんだ。

そこで、みんなから少しだけ現金元気を分けてもらいてぇんだ。

リターンは「地球の未来」だ!

ぜってぇ支援してくれよな!

で、ある。

さすがにリターンがヤバすぎるので支援せざるを得ない。

ここまでが、クラウドファンディングの仕組みの説明だ。

この時点でうまくできている。

だが、この鬼畜系バトル漫画の凄いところはクラウドファンディングで失敗する人という例もキチンと描いている点だ。

女の子を落とすテクニック!の成功例しか載っていないポパイホットドッグプレスはわけが違うのだ。

バイホットドッグプレス はじめてのメルセデス! 2017年12/8号 [雑誌] by Hot?Dog PRESS

失敗する人

失敗する人はクラウドファンディングお金のなる木だと思っている人だ。

やれば集まるんでしょ?? と思っている人だ。


f:id:anatano-kameya-2014:20181122122718j:image集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

ベジータさんとりあえず資金が必要ならクラウドファンディングをやれば集まるだろうと言う安易な考えを持っています。

テキトウにプレゼンをして

なんで集まんないんだ!ってキレるやつだ。

f:id:anatano-kameya-2014:20181122130432j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

大切なプレゼンの冒頭が「聞こえるか世界の人間ども」という本当に支援してもらう気があるのかわからないベジータさん。

往々にして他人の時間とお金を頂いているという認識がなくて、そもそも人にモノを頼む態度ではないのだ。

これについては界王様もこう言っている。f:id:anatano-kameya-2014:20181122155437j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

元気玉クラウドファンディングを作った界王様それじゃいけないという事に気がついている。

しかし、ネット上には一定数ベジータさんのような、いわゆる炎上型過激な投稿を好む人たちがいるので序盤はバッと集まるのだ。


f:id:anatano-kameya-2014:20181122160915j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

上記を見る限り、孫悟飯は日々おでんつんつん男などを検索しているではないかと思われる(悟飯たちには、悟天も含まれている可能性がある)

しかしだ、クラウドファンディング民衆から貴重なお金時間を頂戴するのにベジータさんのような炎上型の人は長続きしないということも、この漫画はきちんと説明している。f:id:anatano-kameya-2014:20181122170853j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

どうして集まらないのかクラウドファンディングをやっている当の本人にはわからないものなのである。

これが西野氏オンラインサロンで口酸っぱく言っている徹底的に他者目線に立つということなのだろう。

そして、注目は集めれた(炎上できた)ものの炎上では支援に繋がらない結果となり、遂にはクラウド(民衆)に向かってベジータさんはブチ切れてしまうのだ。
f:id:anatano-kameya-2014:20181122171008j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

誰かそんな人に支援するだろうか??

やはり、クラウドファンディングにつきものな
・人の金をなんだと思ってる!
・自分の金でやれ!
・あやしいぞ!
・宗教だ!!
という世間の声が届くのだ。

f:id:anatano-kameya-2014:20181122175110j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

そうは言っても新世界でも西野氏は言っています。

少しだけでもいいから、失敗から学んで

そして、ついにベジータさん界王様に教えられたわけでもなくキチンと失敗からクラウドファンディングには何が大切かを学んだんです。

そう、信用であると。


f:id:anatano-kameya-2014:20181122181642j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

そういう細かいところまでキチンと描かれているのだ。

 

続いての失敗するパターンはこういう人だ!

身内ネタに走ってしまう人

クラウドファンディングクラウドとは何度もいうが民衆という意味だ。

くどいようだが、あなたの事を全く知らない人からお金時間を頂戴するわけだ。

身内ネタで盛り上がっている人たちは、当の本人達は面白いだろうが、傍からみたら不愉快な場合が多い。

例えば
・居酒屋で大声で騒いでいる学生
・授業中手を上げて、当てられたら元気に「わかりませーん」って答えるやつ
・俺ってこういうやつじゃんとか言ってくるやつ
・「ねぇ、なんでカラスは電線に止まっても感電しないか知ってる?」って聞いてくるやつ

最後のカラスの件以外は「お前のこと知ってるやつしか面白くねぇから」という状況なのだ。

このパターンはお前のことを知っている身内から一定数の支援は集まるものの、そこから先が伸びない。

実はドラゴンボールで言うところの孫悟空なのだ。

映画ドラゴンボール超 SON GOKOU THE 20TH FILM LIMITED 孫悟空

しかし、悟空は身内ウケすこぶるいいので、序盤にかなりの支援額が集まる。


f:id:anatano-kameya-2014:20181122235936j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

↑身内ノリしている悟空の友達。
でもこれでは民衆にまでは届かないのだ。
ポルカならかなりいいところまで行けると思う。
ポルカの説明は割愛します

それは自分の身内にしか届かない言葉を使っているのであって、クラウド(民衆) からしたらいきなり「オッス!おら悟空」と言われても「馴れ馴れしいけど、あんただれ?」である。

結果、身内からし集まらなかった。


f:id:anatano-kameya-2014:20181123000530j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

そして、身内ウケの限界と焦りでやはりベジータさん同様にキレてしまうのだ。


f:id:anatano-kameya-2014:20181123000042j:image

その焦りと怒りは決してクラウドに向けてはいけないのだ。

当然にクラウド民衆)からは非難があがる。


f:id:anatano-kameya-2014:20181123000102j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

当然このクラウドファンディングは失敗するのだ。

成功する人

そして成功するのは決して強くはないが日々世界中の人を楽しませてきた信用の塊ミスターサタンだ。

S.H.Figuarts ミスターサタン

日々世界中の人にエンターテイメントをお届けしてきた彼こそが新世界では最強なのだ。

武道による人を倒す事が力じゃない。

人を楽しませることが力なんだ。

そして彼は声を荒らげてこう言う。
f:id:anatano-kameya-2014:20181123000134j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

はっきり言ってベジータさんと同じくらい口が悪い。

だが、クラウドの反応を見てみよう。

これだ
f:id:anatano-kameya-2014:20181123000412j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

言葉は何を言うかではなく
誰が言うかが大切なのだ。

日々のその人の信用がその人の発する言葉に力を与えるのだ。

これは口先だけだったり、ズルいことをしてきたら決してまとえないオーラのようなものだ。

日々、人々を楽しませ続けたエンターテイナーだからこそ人々に届いた。

するとどうだ?

さっきまで怪しんでいた彼らは


f:id:anatano-kameya-2014:20181123000448j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

 バババっと、一気に支援した

そして、巻き起こるサタンコール


f:id:anatano-kameya-2014:20181123000611j:image
集英社 ドラゴンボールコミックス42巻より引用)

新世界ホームレス小谷さんが結婚式を上げた時に一気に支援が集まった、そのままじゃないか。

これ見ておわかりだろうか? 

みんな支援する元気現金を持っていないわけじゃない

支援するきっかけが欲しいんだ。

みんな余ってるからお金を支援してるんじゃない。

支援の先に夢があるから支援をしてるんだ。

いただく側はそれを十分に意識しなきゃいけない。

そう、クラウドファンディングうまい言葉やアイデア勝負なんかじゃない。

不器用でもなんでも行動発信を繰り返した貯信を必要な時に換金するのだ。

新世界貯新時代にはそんな事が書かれている。

f:id:anatano-kameya-2014:20181123013455j:plain

どうだろうか??

西野亮廣エンタメ研究所に入って新世界を読んだだけのただの会社員クラウドファンディングをここまで理解できるようになったのだ。

君も読んでみないか?

新世界

新世界

 

 

おっと

これは新世界書評だった。

新世界はどういう本か?

 

それは

ただドラゴンボール元気玉を解説しているだけの本だ!!

論より証拠、ここだ!

f:id:anatano-kameya-2014:20181123014100p:plain

これが何よりの裏付けだ。

西野氏はドラゴンボールが好きなんだ!!

最後に

クラウドファンディングにはモンスターがいる。

もはや、本文を読まなくてもその人柄とタイトルだけで支援したくなってしまう人だ。

もしもだが、僕はこの人がこんなクラウドファンディングをしたら、本文を読まずにタイトルだけで支援してしまうだろう。

サイバイマンを倒したい

S.H.Figuarts ヤムチャ

【本文を読む】

by ヤムチャ

読まないね。

本文読まずに支援するね。

そして、支援者はその結果などうなっても構わない。
立ち向かう姿に勇気づけられるのだ。

支援者はみんなヤムチャにこう言うだろう。

 

大丈夫、いけるよ。

 

 

 

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュア

 

↓僕のレターポット

https://letterpot.otogimachi.jp/users/2404