みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

キンコン西野「DMインタビュー企画」を権利を買わずに勝手にやってみた

キングコング西野氏がまたも面白い事を仕掛けている。

それは「素人によるインタビュー企画」だ。

この平成最後の11月に西野亮廣氏は「新世界」という新刊を販売する。

既にAmazonで予約販売はされており、販売前から売れ行きは好調だ。

新世界

新世界

 

そこでオンラインサロン|西野亮廣エンタメ研究所内で、新たな宣伝活動として企画されたのです。

企画の発端は?

発端は作家というのは新刊を出す時に雑誌やネットメディアにインタビューされることが多く、そこにストレスを抱えているとの事です。

詳細は西野亮廣氏のブログに記載されていたので抜粋します。

時々、編集されまくって、「そんなこと一言も言ってねーよ」な内容になっていることがあって、ライターさんが書き換えまくった内容を、『原稿チェック』(チェックするのはボク)で、現場で喋った内容に戻すというワケのわからない作業があったりします。
 
一応、お喋りは結構得意な方なので、現場で喋った内容をそのまま書いていただけると助かるのですが、掲載できる文字数の関係と、ライターサンのエゴも少なからず発生していると思います。
 
くわえて、取材記事がアップされると、「ブログ等でシェアしてもらえないですか?」と頼まれることがあって、
①自分が喋った内容を、
②自分が編集して、
③自分がシェアする
という、不可思議な作業をする機会が少なくありません。
 
そこで、西野氏はこんなことを考えます。
 
それだったら、
サロンメンバーFacebookメッセンジャーを使ってインタビューをしてもらって、
サロンメンバーのブログに掲載してもらって、
そのブログをボクがシェアした方が良くね?
 
そうすれば、サロンメンバーとの交流を深めることができて、サロンメンバーのブログにお客さんを流すことができて、ウィンウィンです。
 
ぶっちゃけ、どんな効果が出るかはやってみなくちゃわからないので、インタビューしてくれるサロンメンバーを募集して、早速やってみることにしました。
西野亮廣ブログ:「キンコン西野「インタビュー取材をアップデートする」より抜粋

DM対談とは?

そして、オンラインサロン|西野亮廣エンタメ研究所メンバー限定でFacebookのDMで対談できる権利と言うのが発売された。

その値段なんと5000円

これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですね。

ただし、オンラインサロンに加入している人は少なからず西野亮廣氏のファンなので安いと感じるでしょう。

そして、権利購入後すぐにメッセージ対談を行い、自身のブログにまとめて世に出すのだ。

toshiakimuro.hatenadiary.jp(↑このブログが雰囲気をつかみやすい上に他の参加者のリンクもあるのでお勧めです)

 

西野亮廣としてはNO編集で自身の本の宣伝ができる。

購入者は西野亮廣とDMができる」事と「自分のブログを紹介してもらえる」と言うメリットがあります。

まさにウインウインです

僕の失態!!

この権利がなんと3回販売されました

1回目飲み会の最中に販売されていて、SOLD OUTになってからこの企画を知りました。

残念すぎる…。

この企画に僕は参加したいんです。

更に2回目の販売。

仲のいい友人がわざわざ教えてくれた。

f:id:anatano-kameya-2014:20180921232526p:plain

が、昼飯食ってて気が付かずに買えなかった。
普段なら昼飯時はスマホをいじっているのに、この時は天気も良かったのでコンビニ弁当を公園で食べていたのだ。なんか気持ちよくてスマホどころじゃなかった。

もう僕には縁がないんだ。

かといって、普通の会社員の僕はスマホにへばりついているわけにもいかない、もう打つ手なしだ。

嬉しいことに僕がこの権利を買えなかったとサロン内でつぶやくと「読みたかった」というコメントや「悲しいね」が多くついた。期待はされているが応えられないジレンマ…僕だって書きたい…。

そして、3回目の販売があった。

3回目に至っては会社のトイレでう〇こしてた時に気が付いたのだ。

そして、画面を開くと

SOLD OUT

 

僕はあまりの悔しさに、そこそこ大きい声で

クソッ!!
と言っていた。

 

トイレに居合わせた人はどう思ったろう?

男子トイレの個室からクソッ!!と聞こえてくるのだ。

個室でただ事ではない事態が起きたのか、ただ事ではないクソがでたのかと慌てふためいたに違いない。

そして、帰宅後ふと西野亮廣氏の革命のファンファーレを手に取った。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

そこにあったこんな言葉が目についたのだ。

f:id:anatano-kameya-2014:20180921234254j:plain

そうだ!

西野さんが作ったルールじゃなくて、僕がルールを作ればいいのだ!

それがこれだ!!

エアー対談!!

DM対談ではない。

もはや西野亮廣自体いない対談だ。

エアー対談とは??

西野氏が、LINEブログをやっていた時代を知っている方がいればLINEアカウント「キンコン西野の存在を知っているかと思う。

f:id:anatano-kameya-2014:20180921234819p:plain

このアカウントにはボット機能が搭載され、こちらが何かをコメントするとボットが悪口を言ってくるというなんとも胸くそ悪いアカウントなのだ。

例えばこんな調子だ。

f:id:anatano-kameya-2014:20180921235202p:plain

ヒドイもんでしょ??

僕はこのアカウントと対談してやろうと思う。

どうせ権利は僕には回ってこないだろう。

いつ販売するかわからない権利を待つより行動してやる!!

対談スタート!!

 

f:id:anatano-kameya-2014:20180922001406p:plain

↑↑終了してしまった!!

めげずに質問を続けた。

f:id:anatano-kameya-2014:20180922002007p:plain

↑↑普通にケンカ売られた!!

 

f:id:anatano-kameya-2014:20180922002715p:plain

↑↑あれ?
なんかいい感じになってきた。

やはり僕の読み通り「情熱の薔薇」には秘密があるな…

f:id:anatano-kameya-2014:20180922003318p:plain

↑↑図星かな??

f:id:anatano-kameya-2014:20180922003711p:plain

↑↑これは僕が悪い。
対談なのに質問じゃなく感想言っちゃったのは僕が悪い。

気を取り直して質問再開

f:id:anatano-kameya-2014:20180922010910p:plain

↑↑なかなかいい質問じゃないですか?

さすがの西野さんも焦りを感じたかな??

(↓参考画像:本当にキャッチフレーズが「別世界」

 質問を続けます

f:id:anatano-kameya-2014:20180922011314p:plain

↑↑僕の独特な視点から核心に迫ってきました。

さぁ、なんて答える!

西野さん!!

f:id:anatano-kameya-2014:20180922011514p:plain

↑↑親の悪口かい!!

 

本当は質問をまだ用意してましたが、僕の気分が悪くなったのでインタビューはここで終了します。

f:id:anatano-kameya-2014:20180922012254p:plain

 ↑↑何故か最後諭される

対談を終えて

ただただムカつきました。

 

と、言うのは冗談で皆さんこのLINEアカウント知ってましたか?

これは古参の800人くらいしか知らないと思いますよ。

まだ稼働していたので、面白いから検索してみてください。

僕も1年ぶりくらいに使いましたが、返答ワードが増えている気がします。

(西野さん何気にアップデートしてるのかな??)

さぁ、あなたも平成の最後に来たるべき新世界の窓を開いてみませんか??

新世界

新世界

 

俺もインタビューの権利欲しいよぉ!!
購入出来たら、このブログとまったく同じ質問します。

買えることを祈って僕にレターを分けてくれ!!

↓↓僕のレターポット

https://letterpot.otogimachi.jp/users/2404