みんなのかめぴょん

こんにちは、みんなのかめぴょんです。自称おもしろ長文ブロガーです。基本的に文章は長いですが読みやすいと思いますよ。笑える文章を目指しています。

【スポンサーリンク】

耳障りの良い言葉は、必ず裏があります。

耳障りのいい言葉は信じちゃダメ。

これは昔から考えていたことなんですが「地球のために」って言葉に疑問を持っていたんですね。

例えばエコカー減税
燃費の悪い車を、co2の削減ができる新しい車に乗り換えると「地球の環境のために」なるので政府が減税します。

おかしな考えですよね? 
購入者からすると「その制度を使えば、安くなるのか」と、購買意欲を刺激され、まんまと手のひらで踊らされてしまっているように思えます。

まだ「壊れていない自動車」を棄てて、新しい車を買うわけです。

極論ですけど、本当に地球のためを考えるなら車なんて作らなければいい。

若者の車離れ。

車が売れない時代になった。

多いに歓迎じゃないですか。
地球にとっては。

地球のために車買い換えましょうってどうゆうことですか??

そんなことしても、地球は喜びません。

考えれば分かることです。

ピーチガールってマンガでありましたけど(今、映画化したんですね)

とうじがさえにそそのかされて
「ももちゃんとキスする前に、わたしで練習しなよ。下手だったらももちゃん悲しむよ。」的なことを言われて、とうじがキスしちゃったときくらい、どうゆうことですか??

 

 

 
そんなことしても、ももちゃんは喜びません。

考えれば分かることです。

しかし、ももちゃんなら、考えれば分かることですが、人間お金が絡むと「地球にも優しいし買い換えようか!」「俺のためじゃない!地球のために買うんだ!」って、まだ使えるものを棄てることが、なんか良いことをしているように錯覚してしまうんですね。

とうじも錯覚してしまったんでしょうね。

政府的には日本の景気回復を狙うには、日本の代表産業である車を売る必要があるわけで、車が売れれば、車産業に従事する多くの人が潤い、車を買った人も出掛け先で消費するし、ガソリンもよく売れる。

そう、車産業を刺激するといろんなところに恩恵がある。

絶対に地球のことなんて考えていないと思います。

昔読んだマンガ寄生獣でミギーが言っていました。

「地球は、はじめから泣きも笑いもしない」と

 

そして

「知ってるかい?地球で一番最初に生まれた生物は煮えた硫化水素の中から生まれたんだぜ」と言っていました。


マジでミギー何言ってるかわかりません。

 

 

寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)

寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 


そう、耳障りの良い言葉には裏の目的があるんです。

キチンと見据えましょう。

ほかにはどんな耳障りのいい言葉があるでしょうか??

例えば
「あなたとは良い友達でいたいの」
「今は勉強に集中したいから誰とも付き合う気はないの」
とかも信じちゃダメです。

何度言われた事か。

そして、何度その言葉を自分への言い訳にしてきたか。

あとあれですね、女性がいう「ポチャ」という言葉は、絶対に信じちゃダメです。


むしろ、よくもまぁそんなに耳障りの良い言葉を見つけてきたなぁと関心すらします。

そういうことばっかり言ってくる女性を僕は信用しなくなりました。

それと同じように「地球のために」って言っている政府は、信用されなくなっちゃうかもよ。

 

今後は信用度が重要な時代がやってきます。なので、まぁ地球のためじゃないことはわかってるし、言ってる方もわかってていってるんだから、その辺は察知してよ。という、お互い嘘だってわかってるようなことはもうやめましょう!!

 

そういう事の積み重ねが大事だお思います!

【スポンサーリンク】